略歴


水野大二郎

2008年英国王立ロイヤルカレッジオブアートファッションデザイン博士課程後期修了。
芸術博士(ファッションデザイン)。


専門領域:ファッションとインクルーシブデザイン、デジタルファブリケーション、デザインリサーチなど
1979年東京生まれ。2008年Royal College of Art ファッションデザイン博士課程後期修了、芸術博士(ファッションデザイン)。2012年から慶応義塾大学環境情報学部に専任講師として着任、デザインと社会の関係性を批評的に考察し架橋する多様なプロジェクトの企画・運営に携わる。主な活動にDESIGNEAST実行委員、社会的包摂を目指すインクルーシブデザインの普及・実践活動、fablab japan network、蘆田裕史とファッション批評誌『vanitas』の共同責任編集、共著書に『x-DESIGN』、『Fabに何が可能か』、『インクルーシブデザイン』、『リアル・アノニマスデザイン』、『fashion design for living』などがある。

2015年から同学部准教授。



  

著書・共著・編著


受賞歴


職歴

CV

Dr. Daijiro Mizuno PhD (RCA)


Specialism: fashion design and design research, inclusive design and digital fabrication

Awarded PhD at Royal College of Art (London) in 2008, Dr. Mizuno is currently working and living in Japan, based in Kamakura and Kyoto (and Tokyo as my birthplace).
Dr. Mizuno is an associate professor at Keio University SFC, in the faculty of Environment and Information Studies

Personal Projects include

FabLab Japan member
Inclusive Design Now committee member
DESIGNEAST committee member
Fashion Critique magazine Fashionista / Vanitas co editor-in-chief
Design For The Mundane World Project Director with Sosuke Nakabo

Dr. Mizuno is a co-author of Fashion Design for Living (Routledge, 2014).


Awards


Work Experience


Close Top